こんにちは。ホームページコンサルタント永友事務所の永友です。

先日、南アルプス市地域雇用創造協議会様での『起業塾』が終了しました。
永友が担当させていただいたのは後半4回にわたる『Web活用』の講座で、その1日目に「カスタマージャーニーマップ作成ワークショップ」をさせていただきました。

「カスタマージャーニーマップ」とは、ユーザー(お客様)の一連の消費行動に沿ってその気持ちや行動などを考えることにより、それに準拠する形で「企業、お店が提供できること」を検討していく情報デザインの手法です。



カスタマージャーニーマップを作るワークショップは「お客様目線」にたつことを具体的に実習できるので、ホームページコンサルタント永友事務所では、コンサルティングや起業家向け講習会で実施をしています。

カスタマージャーニーマップの作り方や作成ワークショップについては各種メディアで紹介されているところですが、「カスタマージャーニーマップ」と いうものがまだそれほどポピュラーでないことや、カスタマージャーニーマップを作り上げることそのものに意識が向いてしまうように感じていますので、ホー ムページコンサルタント永友事務所では非常に簡単で分かりやすい仕様のカスタマージャーニーマップ作りを実践しています。

IMG_2092

IMG_2093

カスタマージャーニーマップ研修の面白いところは(それがカスタマージャーニーマップ自体の大きな特徴でもありますが)

  • 自分(自分たち)がいつも考えていることがいかに『自分寄り』であるかを痛感することができる
  • 自分(自分たち)がいつも考えていることのうち、お客様の気持ちや行動に沿うという観点から、「足りない部分」が見えてくる(セルが埋まらないこともあるので、その部分の検討が甘いことが明白になる)
  • ワークショップという複数人で行う形をとるので、自分一人だけの考えが、いかに狭いものか痛感することができる

などの発見があることです。

このカスタマージャーニーマップ作成研修の受講者様からは、

「お客様の視点に立つという意味が実感できてよかった」

「お客様が買い物をしたりその前提で調べ事をする時に、『気持ち』の動きがあることが改めてよくわかった」

などの感想をいただきました。

カスタマージャーニー分析は、「お遊び」でやっているわけではなく、モノやコトが売れていくには「お客様の気持ち、想い」に沿うことが大切であるという「あたりまえなこと」を再認識できる重要なワークショップだと、永友事務所では考えています。

カスタマージャーニーマップを用いた経営者向け、起業家向けセミナーを随時受け付けています。2~3時間のカスタマージャーニーマップセミナーが構成可能ですので、ホームページよりお問い合わせください。
https://www.8-8-8.jp/

わかりやすいホームページ相談(中小企業Web活用のコンサルティング)

「中小企業Web活用に特化した」「わかりやすい」コンサルタントとしてホームページコンサルティング、セミナー講師、執筆、審議会委員等を務めています。
またソーシャルメディア(SNS)リスク・コンプライアンス研修講師としてビールメーカー様/マスコミ関連企業様/交通インフラ系企業労組様/化学メーカー様などにご用命いただき社員研修の講師を務めています。

ホームページコンサルタント永友事務所はWeb制作会社ではなく、中小企業・起業家様のホームページ改善(Web活用)に特化したコンサルティング専業事務所で、ホームページ制作業務をしない中立的なホームページコンサルティングのパイオニアです。

文責:ホームページコンサルタント永友事務所

≫【現在タイムセール中】Amazonで★4つ(高評価)以上のお買い得商品一覧