Google広告「スマートアシストキャンペーン」のメリット・デメリットとは?

今回は【Google広告「スマートアシストキャンペーン」のメリット・デメリットとは?】について書いてみます。

Google広告を始めたばかりのクライアント様が「スマートアシストキャンペーン」で広告を作成しました。

私自身は従来からGoogle広告「エキスパートモード」で広告を運用しています。ですので、直接、その(エキスパートモードの)管理画面から「スマートアシストキャンペーン」の広告作成・出稿の様子が分からなかったので、Google広告様に電話しながら色々と確認してみました。
以下、わかったことの概要を書いてみます。

●Google広告「エキスパートモード」から「スマートアシストキャンペーン」を作成することは出来ない。
換言すると、「エキスパートモード」の広告アカウントと「スマートアシストキャンペーン(という広告)」を作成できる広告アカウントは共存できない(別々の広告アカウントを作成することになる)。

●Google広告「スマートアシストキャンペーン」は個別の広告のことを「キャンペーン」と呼ぶ。

●Google広告「スマートアシストキャンペーン」では、
・広告の目標(ウェブサイトのアクセスを増やす、等)
・誘導したいURL
・自社の業種、取り扱い商品(サービス)
・広告を出稿したい地域
・1日の平均予算
・広告文(広告見出し1、広告見出し2、説明文 という3か所)
などを定めて情報を保存すると、すぐさま「(広告が)有効」となり、出稿が開始される。

●Google広告「スマートアシストキャンペーン」を使っているユーザーが、あなたのことを「ユーザー追加(アカウントのアクセス権付与)」をすると、あなたもスマートアシストキャンペーンの管理画面を見ることができる。
仮にあなたがエキスパートモードで広告運用中だった場合は、その広告アカウントとは別に、(アクセス権が与えられた)スマートアシストキャンペーンの広告アカウントが割り当てられる。

●一番重要なこととして、スマートアシストキャンペーンでは、広告運用者が検索キーワードごとの広告をチューニングすることができない。なので理論上、思ってもみなかったキーワードで広告が出稿される可能性もある(これがまさにメリットデメリットですが…)。
従来のように、キーワードごとに広告をチューニングしたいかたは、やはりエキスパートモードがお勧め。

●上記のようにスマートアシストキャンペーンでは「検索キーワード」を自分で決める(チューニングする)ことは出来ないが、取り扱い商品(上記印)がある意味で「(出稿させたい)対象検索キーワード」に近いものになるので、そこで可能な限り具体的なキーワードを記載しておくと良さそう。

上述のように、エキスパートモードで広告運用中のかたで、「スマートアシストキャンペーン」の広告を管理したいというときは、同一画面では管理できないので、そのユーザーから「アクセス権付与」をしてもらうのが良さそうです。

広告最適化をGoogleにお任せできる「スマートアシストキャンペーン」。簡単でラク、というメリットがありますが、同時にそれは「細かくキーワードチューニングできない」というデメリットの裏返しでもありそうです。

今回は【Google広告「スマートアシストキャンペーン」のメリット・デメリットとは?】について書きました。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。≫Amazonで今日使えるクーポン一覧

わかりやすいホームページ相談(中小企業Web活用のコンサルティング)

「中小企業Web活用に特化した」「わかりやすい」コンサルタントとしてホームページコンサルティング、セミナー講師、執筆、審議会委員等を務めています。
またソーシャルメディア(SNS)リスク・コンプライアンス研修講師としてビールメーカー様/マスコミ関連企業様/交通インフラ系企業労組様/化学メーカー様などにご用命いただき社員研修の講師を務めています。

ホームページコンサルタント永友事務所はWeb制作会社ではなく、中小企業・起業家様のホームページ改善(Web活用)に特化したコンサルティング専業事務所で、ホームページ制作業務をしない中立的なホームページコンサルティングのパイオニアです。

文責:ホームページコンサルタント永友事務所

≫【現在タイムセール中】Amazonで★4つ(高評価)以上のお買い得商品一覧