ジョンスメドレーのタートルネック「前か後か」を一発で見分ける方法

こんにちは。プロ兼業主夫の永友一朗です。
今日は『ジョンスメドレーのタートルネック「前か後か」を一発で見分ける方法』というブログです。

先日、JOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー)のRICHARD(リチャード)というタートルネックセーターを購入しました。

エクストラファインメリノウールのタートルネックで、とても滑らかな肌触りが気に入っています。

で、私が購入したのは黒色のタートルネックです。色は関係ないかもしれませんが、着るときに「どっちが前でどっちが後ろ??」と分からなくなることがありました。

一般的に、セーター類などはその「内側」を見ると「内側の左側下にタグが付いている(という状態で着ると正しい向きで着られる)」と言われます。

私も通常、その方法で前後を見分けることが多いのですが、このJOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー)のRICHARD(リチャード)というタートルネックセーターは内側の左右両方ともにタグっぽいものが付いているんですね。

タートルネックなので、ぱっと見、どちらが前でどちらが後ろなのか分からず、困ったなと思っていました。

で、先程JOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー)のRICHARD(リチャード)というタートルネックをじっくり見たら、その前後が一発で見分けられることに気づきました。

まずは以下の写真です。

この写真は、ジョンスメドレーのタートルネックの「前側」になります。襟ぐりが湾曲していますよね。

次に、以下の写真です。

この写真は、ジョンスメドレーのタートルネックの「後ろ側」になります。襟ぐりが真っすぐですよね。つまり襟ぐりが湾曲しているのが「タートルネックセーターの前側」で、襟ぐりが真っすぐなのが「タートルネックセーターの後ろ側」と、ここまでで一発で分かります。

さらに言えば後ろ側にはネック部分に縦に継ぎ目のラインが入っています。また肩のところに線(袖と背中のパーツのつなぎ目)が入っていますよね。

なお、この正しい向きで着た場合、内側の左側下には洗濯タグ、内側の右側下にはジョンスメドレーのネームタグが付いています。

今日は『ジョンスメドレーのタートルネック「前か後か」を一発で見分ける方法』というブログでした。タートルネックセーターの前後をなかなか見分けられずにお困りのかたにお役に立てば幸いです。

わかりやすいホームページ相談(中小企業Web活用のコンサルティング)

「中小企業Web活用に特化した」「わかりやすい」コンサルタントとしてホームページコンサルティング、セミナー講師、執筆、審議会委員等を務めています。
またソーシャルメディア(SNS)リスク・コンプライアンス研修講師としてビールメーカー様/マスコミ関連企業様/交通インフラ系企業労組様/化学メーカー様などにご用命いただき社員研修の講師を務めています。

ホームページコンサルタント永友事務所はWeb制作会社ではなく、中小企業・起業家様のホームページ改善(Web活用)に特化したコンサルティング専業事務所で、ホームページ制作業務をしない中立的なホームページコンサルティングのパイオニアです。

文責:ホームページコンサルタント永友事務所

≫【現在タイムセール中】Amazonで★4つ(高評価)以上のお買い得商品一覧