こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。
最近は食品関係や飲食店様のコンサルティングが増えていますが、通信コンサルティングで行っている大阪の事業所様はサービス業で、Yahoo!プロモーション広告やGoogleアドワーズの広告運用についてアドバイスをさせて頂いています。

さて今日は「キーワードを入れる位置」に関するブログです。

ホームページ集客の基本中の基本、つまり基本的なWeb集客戦術として「お客様が検索するであろうキーワードを、自らのWebサイトの中に『自然に、数多く』入れておくこと」が重要であることは、このブログをお読みの経営者様はご存じだろうと思います。

で、このことを当然にセミナーやコンサルティングでお話をするわけですが、

「永友さん、この場合のキーワードは、どこに(どの位置に)入れるのですか?」

などと質問を受けることがあります。



じつはこの質問をするかたには共通する点があり、

「どこか、然(しか)るべき場所(位置)にキーワードを入れることこそが、キーワード対策である」

という断片的な知識がおありだということです。

・どこか特定の場所(位置)にキーワードを入れることが、キーワード対策である
→よって、『どこ』に入れるか、その場所(位置)を知りたい

ということなのでしょう。

私は話をわかりやすくするために、

「●●さん、キーワードはどこに入れても良いので、安心してくださいね」

とお話をするようにしています。

実際、ぶっちゃけ、どの場所(位置)に入れてもキーワード対策になるのです。

むしろ、例えば「keywordsという命令文に入れればよい」と思い込んで、keywordsという命令文のみに頑張ってキーワードを羅列する(本文には入っていない)かたがいらっしゃるのですが、本末転倒なやり方といえるでしょう。

ページの中の文字(テキスト状のもの)に、対策したいキーワードを『自然に、数多く』入れておくことが基本です。

その上で、プラスアルファとして、

・タイトル(titleタグ)
・h1、h2などの小見出し(段落タイトル)のところ
・keywordsという命令文のところ
・descriptionという命令文のところ

という場所(位置)”にも”入れておけば尚良い、ということなのです(タイトルには必ずその意中のキーワードを入れましょう)。

Web活用について、ぜひ複眼的な見かたをして、より精度の高い情報を得るようにしましょう。

今日は「キーワードを入れる位置」についてのブログでした。
いつもブログをお読み頂き、ありがとうございます。
≫永友事務所セミナー予定はこちらで確認できるようになっています

わかりやすいホームページ相談(中小企業Web活用のコンサルティング)

「中小企業Web活用に特化した」「わかりやすい」コンサルタントとしてホームページコンサルティング、セミナー講師、執筆、審議会委員等を務めています。
またソーシャルメディア(SNS)リスク・コンプライアンス研修講師としてビールメーカー様/マスコミ関連企業様/交通インフラ系企業労組様/化学メーカー様などにご用命いただき社員研修の講師を務めています。

ホームページコンサルタント永友事務所はWeb制作会社ではなく、中小企業・起業家様のホームページ改善(Web活用)に特化したコンサルティング専業事務所で、ホームページ制作業務をしない中立的なホームページコンサルティングのパイオニアです。

文責:ホームページコンサルタント永友事務所

≫【現在タイムセール中】Amazonで★4つ(高評価)以上のお買い得商品一覧