箱根小涌園天悠(はこねこわきえんてんゆう)に次男(11歳)、家内と私で、つまり子連れで一泊した箱根子連れ旅行ブログです。

梅雨時期の通常の土日、急きょ箱根に行こうということになり、箱根小涌園天悠を1週間前(!)に予約しました。

予約したのは、【サマ割!人気の旅館】五感が癒される箱根の湯宿 全室温泉露天風呂付き 天悠ステイプランというプランです。

箱根小涌園天悠のアクセス

我が家はマイカーがなく、いつもの通りレンタカーを借りて箱根小涌園天悠に行きました。
カーナビではまだ(箱根小涌園天悠の)電話番号登録がされていなかったので、「箱根小涌園天悠」と入力してスタート。
目的地地点では、まず箱根小涌園ユネッサンが見えてきて、すぐに箱根小涌園天悠の建物が見えてきますので、分かりやすいかと思います。

我が家は、子供がいることもあって、初日は箱根小涌園ユネッサンで遊ぼうと決めていました。
箱根小涌園天悠の駐車場に車を置かせていただいてからフロントに行き(9:30頃)、「本日宿泊する者ですが、車を停めさせていただいて良いでしょうか?」と尋ねたところ、笑顔で「はい、大丈夫です」とのことでした。
天悠の宿泊者として名前を名乗ると、箱根小涌園ユネッサンの特別割引券をくれました。これは箱根小涌園ユネッサンの公式クーポン券よりもお得な割引券でした。
※ちなみに、箱根小涌園天悠と箱根小涌園ユネッサンは、同グループです

また、「天悠から歩くとユネッサンまでどれくらいでしょうか?」と尋ねると、坂道を下って10分もかからないことを教えてくれたうえで、「間もなくシャトルバスが参りますから、それをご利用ください」と笑顔で教えてくれました。
シャトルバスで行くと、箱根小涌園天悠から箱根小涌園ユネッサンまで2分程度です。



箱根小涌園天悠の客室

子連れの我が家は【サマ割!人気の旅館】五感が癒される箱根の湯宿 全室温泉露天風呂付き 天悠ステイプランという一休のプランで予約しました。
で、通されましたのは、「露天風呂付客室(和洋室)【禁煙】、渓谷側、4F」の部屋でした。
ちなみに客室は(記憶が正しければ)1Fから9Fまであります。フロントと大浴場は「5F」にあります。

35平米ですから、はっきり言えば狭いです。ただ、子連れの計3人には十分な広さでした。
コンセントもたくさんあり、ミネラルウォーターも用意されています。
そして何といっても全室に露天風呂が付いているのは良いですよね。
露天風呂のところには、スクリーンカーテンや”よしず”があって、外からの視線を遮ることができます。
我が家が泊まったお部屋は、結果的に「渓谷側」でした。この”渓谷”とは箱根小涌園天悠の庭「渓谷庭園」のことです。つまり、渓谷庭園を散策するひとが見上げると、各部屋の露天風呂が、見られてしまう可能性があるんですね。
ということで、私の家内もスクリーンカーテンや”よしず”を使っていました。

箱根小涌園天悠のこのタイプの部屋ですと、ベッドが2台据え置きです。3人目以降は布団になりますが、19時位に布団敷きの方々が来て敷いてくださいました。
なお部屋(館内)はWi-Fiが使えます(通常の電波は3Gです)。
ちなみに1Fには特別客室があって、なかなかゴージャスなようです。

箱根小涌園天悠の食事

我が家は夕食時間を17:45にしていただきました。メインダイニングは、朝食と夕食の両方で使います。
夕食は、特に選ぶものはなく、和食のコースでした。特に「和風ブイヤベース」が美味しかったです。
しかし正直に言いますとお造りはいまいちで、けっこう残念でした。
ただ全体としては美味しくいただきました。

箱根小涌園天悠食事

朝食は、和食膳または洋食膳があります。昨夜の夕食が和食的でしたので、洋食膳をチョイスしました。
「スーパーフードの入った3種の飲むサラダ」というのが面白く、美味しかったです。パンはおかわり自由です。

箱根小涌園天悠のお風呂(温泉)

客室に信楽焼の温泉露天風呂がありますが、もちろん大浴場もあります。
特に6階大浴場「浮雲の湯」は、これを目当てに箱根小涌園天悠に来る人もいるだろうなという感じ。これに入らないと意味がないと思います。
なお、大浴場はバリアフリーになっていて、実際、車椅子のかたも(脱衣場で車椅子を降りて)入浴していました。

箱根小涌園天悠ブログまとめ

総じて感じたのは、いわゆる「和(日本風)」を強く意識したしつらえ、食事だということです。いわゆる箱根インバウンドを意識したホテルなのかなという印象を受けましたし、実際、外国のかたが非常に多かったです。

6階大浴場「浮雲の湯」はお勧めです!今回は「箱根小涌園天悠を子連れで一泊。食事と客室についてのブログ」というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。



わかりやすいホームページ相談(中小企業Web活用のコンサルティング)

「中小企業Web活用に特化した」「わかりやすい」コンサルタントとしてホームページコンサルティング、セミナー講師、執筆、審議会委員等を務めています。
またソーシャルメディア(SNS)リスク・コンプライアンス研修講師としてビールメーカー様/マスコミ関連企業様/交通インフラ系企業労組様/化学メーカー様などにご用命いただき社員研修の講師を務めています。

ホームページコンサルタント永友事務所はWeb制作会社ではなく、中小企業・起業家様のホームページ改善(Web活用)に特化したコンサルティング専業事務所で、ホームページ制作業務をしない中立的なホームページコンサルティングのパイオニアです。

文責:ホームページコンサルタント永友事務所

≫【現在タイムセール中】Amazonで★4つ(高評価)以上のお買い得商品一覧