【費用の報告】洗面シャワーホース(メタルホース)交換修理。実際の費用というブログです。

我が家は築11年位のマンションです。洗面台は、新築時から備え付けのナショナル(現パナソニック)のものです。

じつは2週間ほど前から、洗面で水を出すときに少しですが「シャバシャバ…」という音がし始めたんですね。
ヘッド部分が汚れているのかな?きれいにしなくては…と思って、そのままにしていました。

で、一昨日(日曜日)ですが家内が「洗面が水浸しになってる!!」と叫びました。
下の扉を開けてみると、「シャワーホースカバー」という水を受ける容器が水でいっぱいになっていて、そこから水が溢れていました。

今まで11年位、そんなことは一切なかったんです。
取り急ぎシャワーホースカバーの水を慎重に捨て、どうしたものかと思案しました。

先日からの「シャバシャバ…」という音も含めて、シャワーホースが傷んで、破損したのかな…と思いました。

ネットで調べると、水漏れ時に洗面台のシャワーホースを自分で交換する方法などが載っています。
しかしその「自分で洗面シャワーホースを交換する」方法が結構大変そうに感じたんですね。

で、ナショナル(現パナソニック)の住宅関連のホームページを見ると、「修理のご用命は」というページがあったので、早速電話をしました。

オペレーターのかたに洗面シャワーホースの水漏れ事情を説明したところ、「シャワーホース交換修理費用についてのお見積ですね。明日の朝すぐに担当者から連絡させます」とのことだったので、翌日(月曜日)を待ちました。
※その間も、洗面で水を使うと、シャワーホースカバーには少しずつ水が溜まっていきました…

翌朝(月曜日)、電話が来たのでシャワーホース(メタルホース)交換修理の見積もりを伺いました。

「シャワーホース(メタルホース)の交換ですと、概算で15,000円程度になります」
「工事に来ていただいて、もしシャワーホースではなく、パッキンの交換程度であったとしても、良いのですか?」
「はい。しかし水漏れの状況をお伺いしますと、シャワーホースの劣化破損である可能性が非常に高いと思います」

とのことでした。

運よく、その日(月曜日)の午前中に交換工事のかたが来てくれるとのことだったので、交換修理をお願いすることにしました。

11時頃に工事のかたが家に来てくれ、早速状況を確認してくれました。

「ちょうどシャワーホースカバーの中に隠れた部分、つまりU字に曲がった部分から水が漏れていますね」

とのことでした。

聞くと、10年位でシャワーホースが劣化し水漏れすることはとてもポピュラーとのことでした。

「経年劣化といいますか、ある程度仕方ない部分はあると思います」

とのことでした。

そのままシャワーホースの修理(交換)工事をお願いしました。

かかった時間は、だいたい20分強でした。

「お客様お待たせいたしました。このようにシャワーホースを交換させていただきました。」

と、しっかり説明を受け、修理の費用をお支払いしました。

「13,176円になります」

とのことでした。

内訳は、

  • 基本出張料 2,500円
  • 修理技術料 4,200円
  • 部品代 5,500円(メタルホース パッキン含む CQ783B12S)
  • 消費税 976円(8%)

ということで、計13,176円でした。

今回、速やかに工事に来てくれたこと、交換の時間も早かったことなども含めて、自分で交換するよりも楽でよかったなあというのが正直なところです。

もちろん、メタルホースCQ783B12Sはネットでも購入できます。「自分で交換する方法」などは、ブログや動画で掲載されています。

しかし、「水漏れ時にホースを自分で交換するのは自信がない」「工具を持っていない」「パッキンがない」「実家の親がそのような状況で、親は自分で交換できない」とか、要するに自分で交換することが難しいかたもいらっしゃると思います。

その時は、素直にメーカーの修理相談窓口から速やかに連絡し、業者さんに交換してもらうのも悪くはないのでは、ということをお伝えしたくてこのブログを書きました。

洗面シャワーホース(メタルホース)交換修理で困っているかたにお役に立てれば嬉しいです。

関連するページ
浴室ドアのフラップ排水詰まりを解消した方法

わかりやすいホームページ相談(中小企業Web活用のコンサルティング)

「中小企業Web活用に特化した」「わかりやすい」コンサルタントとしてホームページコンサルティング、セミナー講師、執筆、審議会委員等を務めています。
またソーシャルメディア(SNS)リスク・コンプライアンス研修講師としてビールメーカー様/マスコミ関連企業様/交通インフラ系企業労組様/化学メーカー様などにご用命いただき社員研修の講師を務めています。

ホームページコンサルタント永友事務所はWeb制作会社ではなく、中小企業・起業家様のホームページ改善(Web活用)に特化したコンサルティング専業事務所で、ホームページ制作業務をしない中立的なホームページコンサルティングのパイオニアです。

文責:ホームページコンサルタント永友事務所