2015年頃から「需要動向調査」に関するセミナーの用命が多くなっています。

全国の商工会議所/商工会で「経営発達支援計画」というものを策定することが多いようです。
永友事務所ではWeb(ネット)活用の観点から、Web(ネット)で需要動向(消費トレンド、消費者ニーズ)を知り、それを活かすためにネットやPOPでどう表現していくか?の方法を学べる講座をご提案しています。

これまで鎌倉商工会議所様、大和商工会議所様、相模原商工会議所様、秩父商工会議所様等で実施させていただいた需要動向調査セミナーは「ネットを使った『顧客ニーズ』の調べかた、活かしかた」というタイトルにしています。

ご参加のかたはサービス業から製造業、小売業など、まさに様々な業種のかたにお越しいただいています。
いつも感じるのは、「ネットを使った『顧客ニーズ』の調べかた、活かしかた」(需要動向調査セミナー)にお越しの皆様は非常に熱心だということです。

需要動向セミナーの主催者様に伺いますと、

「需要動向セミナーについては、小規模事業者持続化補助金等の申請予定者、また既に申請が採択されたかたを中心に声をかけています」

というお話が多いようです。

経営改善を図るとき、当然に欠かせないのが「消費者ニーズ」(需要動向)です。そういう意味で、前向きで積極的な受講者様が多いのは、うなづけます。

ホームページコンサルタント永友事務所の需要動向セミナーは、ツールの紹介だけでなくワークや他社事例を交えて楽しく考えていく実践セミナーです。需要トレンド調査から新しい視点(サービス提供のヒント)を得る方法をお伝えするセミナー内容になっています。

物言わぬ消費者がネットに残す痕跡が「アクセスキーワード」(検索ワード)であり、また「ソーシャルメディアでの発言」等です。そこから需要動向(消費トレンド、消費者ニーズ)を知り、それを活かすためにネットやPOPでどう表現していくか?の方法を学べる講座です。

お近くの商工会議所/商工会で需要動向セミナーが開かれる際は、ぜひご参加いただきたいと思っています。

関連するページ

講演/セミナーの事例「ネットを使った『顧客ニーズ』の調べかた、活かしかた」(需要動向調査セミナー)

 

わかりやすいホームページ相談(中小企業Web活用のコンサルティング)

「中小企業Web活用に特化した」「わかりやすい」コンサルタントとしてホームページコンサルティング、セミナー講師、執筆、審議会委員等を務めています。
またソーシャルメディア(SNS)リスク・コンプライアンス研修講師としてビールメーカー様/マスコミ関連企業様/交通インフラ系企業労組様/化学メーカー様などにご用命いただき社員研修の講師を務めています。

ホームページコンサルタント永友事務所はWeb制作会社ではなく、中小企業・起業家様のホームページ改善(Web活用)に特化したコンサルティング専業事務所で、ホームページ制作業務をしない中立的なホームページコンサルティングのパイオニアです。

文責:ホームページコンサルタント永友事務所

≫【現在タイムセール中】Amazonで★4つ(高評価)以上のお買い得商品一覧