4月など春や年度初めに「SNSリスク研修(SNSマナー講習会)」を行う企業様も多いことと思います。
SNSの利用注意点を新人(新入社員、新任職員)に分かりやすく説明するには、どうしたらよいでしょうか?ポイントは2つあります。

ひとつ目は「個人でのSNS利用」と「業務でのSNS利用」を分けて説明することです。

一般的には「業務でのSNS利用」時のみ注意すればよいと思われがちなのですが、「個人でのSNS利用」時のうっかりとした発言で、その新人さんの会社名が分かり(推測され)、炎上につながることがあります。

つい先日も、Instagram(インスタグラム)に辞令書を掲載して話題(軽い炎上)になった事例がありました。

この場合も、業務命令として(つまり業務の一環として)インスタグラムを活用して炎上したわけではなく、社会人としての(一個人としての)投稿から、「就業規則(守秘義務等)違反では」「会社の社判(印影)が偽造される恐れがあるのでは」という点等が新聞に載り、そこから派生してテレビ番組で取り上げられ、そのことがTwitter等で話題になって「軽い炎上」状態になったわけです。

つまり「個人でのSNS利用」時にも注意が必要であることを、事例をもとに説明する必要があります。

二つ目は、仮に炎上状態になったときは、会社や周囲に迷惑をかけるだけでなく、その投稿した本人がダメージを負ってしまうことを説明することです。

この場合の「ダメージ」とは、法的責任(民事、刑事)を負う可能性、社会的責任(退学や降格等)を負う可能性、またネット上で叩かれ続ける(ネット私刑)可能性です。

つまり「他でもない、『あなた』のためにSNSリスク研修を行っているのですよ」という趣旨を説明し、SNSマナー研修を「自分のこと」として理解いただくことが大切です。

ホームページコンサルタント永友事務所では、「ソーシャルメディア(SNS)リスク・コンプライアンス研修」(SNSマナー研修)を受託しています。
講師の永友一朗はSNS自体の運営(企画から規約作成、運用、投稿監視対応など)、クレームメール対応・クチコミへの対応、公的団体等のFacebookページ管理者等の実務経験があり、貴社従業員様がそのまま活用できるような実務的な研修が可能です。

SNSマナー研修の講話時間は60分~90分が多くなっています。詳しくは「ソーシャルメディア(SNS)リスク・コンプライアンス研修」(SNSマナー研修)のページでご説明させていただいております。
>「ソーシャルメディア(SNS)リスク・コンプライアンス研修」ページに進む

わかりやすいホームページ相談(中小企業Web活用のコンサルティング)

「中小企業Web活用に特化した」「わかりやすい」コンサルタントとしてホームページコンサルティング、セミナー講師、執筆、審議会委員等を務めています。
またソーシャルメディア(SNS)リスク・コンプライアンス研修講師としてビールメーカー様/マスコミ関連企業様/交通インフラ系企業労組様/化学メーカー様などにご用命いただき社員研修の講師を務めています。

ホームページコンサルタント永友事務所はWeb制作会社ではなく、中小企業・起業家様のホームページ改善(Web活用)に特化したコンサルティング専業事務所で、ホームページ制作業務をしない中立的なホームページコンサルティングのパイオニアです。

文責:ホームページコンサルタント永友事務所